FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

医療現場でも使われる特許取得のメンタルケアサプリ【ヌーススピリッツ】 

「ずっと続いてたイライラ・気分の落ち込みがなくなりました!」
米国特許に続いて日本国内特許を取得!
ウツ・不安・不眠用
メンタルケアサプリ【ヌーススピリッツ】


■ヌーススピリッツの原料

ヌーススピリッツの原料は、カニ殻に含まれるキチン質から精製された動物性食物繊維であるキチン・キトサンです。キチン・キトサンは、20世紀最後のバイオマス(巨大生物資源)として、その幅広い潜在的利用価値が期待され、1980年代に国から約60億もの研究費用が投じられて十数の大学の研究機関で本格的な研究がスタートした物質です。現段階の研究成果だけでも、その未知の作用および活用法が少しずつ解明され、医療・食品・工業・農業といった幅広い分野で利用されていますが、キチン・キトサンには未だに解明されていない機能性が非常に多く、未知の可能性を秘めた生物資源として世界中から注目されています。

■キチン・キトサンとは

カニ、エビなどの殻や昆虫の甲羅、キノコの細胞壁などを構成している成分であるキチン質は、自然界に広く分布している動物性由来の食物繊維です。このキチン質からN-アセチル基を取り除く“脱アセチル化”という化学反応を行うことにより抽出精製されたものが「キトサン」となります。しかし、現在の技術では、キトサンの抽出段階で「キチン」と「キトサン」が100%分離しきれず、「キチン」が若干量混じり合った状態になるため、「キチン・キトサン」と2つの物質名を重ねて呼んでいます。
キチン・キトサンには、体内の老廃物や有害物質と結びつき、無害にして体外に排出する働きがあり、生活習慣病の予防や改善に大きく関係していることが既に分かっています。さらに、ある特定の分子量のキチン・キトサンには、身体への改善作用だけでなく、うつ病やパニック障害、依存症などの様々な精神的疾患に対しても、改善効果があることが発見されました。それが「ヌーススピリッツ」のキチン・キトサンです。




■精神疾患の改善用サプリメント「ヌーススピリッツ」

ヌーススピリッツはキトサンの持つ精神疾患に対する改善効果を発見した精神科医 酒井和夫氏との共同開発によって誕生した「精神疾患を改善する」ためのサプリメントです。ヌーススピリッツにはサプリメントでありながら、うつ病・人格障害・不眠症・過食症・拒食症・アルコール依存症など様々な精神疾患を改善する驚くべき効果が報告されています。


■精神疾患に対する改善率は80%以上

ヌーススピリッツは様々な精神疾患に対して高い改善効果を発揮します。ストレスケア日比谷クリニックの院長でもある酒井氏によると、「治療現場においてヌーススピリッツを使用した場合、約80%の改善効果があり、症状によっては90%を超える」ことを確認しています。例えば、飲めば必ず効果があると思われている抗うつ薬などは、実際に効くのは投与者の6割くらいと言われています。抗うつ薬の場合は効く効かないにかかわらず、必ず副作用が伴うということからも、副作用のないサプリメントであるヌーススピリッツの改善率80%という数字は驚異的と言えます。

<ヌーススピリッツで得られるその他の効果>

・過食症・拒食症など摂食障害の改善
・抗うつ薬や抗安定薬などの習慣性からの脱却
・糖尿病・動脈硬化・脳卒中など生活習慣病の改善
・水銀などの有害物質や放射性物質の解毒排出
・ガン抑制作用
・コレステロール値の低下作用
 など

■「副作用ゼロ」極めて高い安全性

ヌーススピリッツは100%天然成分であるカニ殻から抽出された低分子水溶性キトサンを原料としています。キトサンは素材本来の特性として「生体(人体)に対して極めて無害であり、安全性が高い」ことが国・企業・大学等の専門機関による研究で明らかになっています。ヌーススピリッツもキトサンとして同様の特性を持っているため、薬のような副作用はまったくありません。それに加えてキトサン自体には、体内の有害物質を排出除去する素材特性が備わっているため、摂取することで体内の有害物質を排除することができます。ヌーススピリッツはこのような安全性の高さから、いわゆる「かんのむし」改善のため新生児や幼児が摂取してもまったく問題はありません。


■症状に対する優れた即効性

ヌーススピリッツは即効性が非常に高く、早い人で、飲みはじめて数日後から効果を実感することができます。通常のサプリメントで実感できる効果スピードを考えると、ヌーススピリッツは驚くべき即効性を持っていると言えます。
※効果の実感は症状や飲む方の体質などによって異なります。そのため、人によっては効果が出るまでにある程度の時間(2週間~数ヶ月)がかかる場合もあります。

<改善対象となる症状>
 ・うつ病・摂食障害・神経症
 ・自律神経失調症・人格障害
 ・育児ノイローゼ(虐待)
 ・不眠症・アルコール依存症
 ・不登校(ひきこもり)
 ・リストカット・自閉症
 ・情緒不安定・キレる
 ・PTSD・パニック障害
 ・強迫性障害・更年期障害

■うつ病の改善

気分の落ち込みといったことは、誰もが経験しますが、うつ病は、気分のひどい落ち込みが2週間以上継続して起こり、感情・意思・思考といった精神的領域の能力をはじめ、心身全体機能が低下することで日常生活に支障をきたしてしまう典型的な「精神疾患(心の病気)」です。うつ病を発症した場合、心に現れる症状としては、感情・意思・思考という3つの領域で様々な状態を引き起こします。
感情面に起こる症状は、気分の落ち込み、憂鬱、寂しさ、不安感、イライラ、焦燥感などがあります。
意思面に起こる症状としては、やる気がなくなる、無気力、人に会いたくなくなる、引きこもり、口数が減るなどがあります。
思考面に起こる症状としては、集中力の低下、決断力の低下、自信喪失などがあります。

また、うつ病が身体に現れる症状としては、最も多いのが、睡眠と食欲の変調です。
睡眠に関しては、夜眠れない不眠が一般的ですが、逆に極端に睡眠時間が長くなる過眠症状が現れることもあります。
食欲に関しては、食欲不振が多く見られますが、睡眠同様、逆に食欲過多となる場合もあります。その他、だるさ、疲れやすさ、頭痛、肩こり、腰痛、下痢、便秘、胃痛などが現れる場合もあります。
このような状態になると、学校や仕事、家事などは、当然、手につきません。そして、この症状を放置していると、最悪の場合、自殺にまで至る場合もあります。

うつ病は心理的なストレスが引き金となり、発症することの多い病気です。その原因としては、脳内の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンを出す神経細胞の働きが異常をきたし、それらの神経伝達物質が減少するために起こると考えられています。
うつ病の治療には、このセロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質を増加させるプロザックと呼ばれる抗うつ剤をはじめ、不安を抑える抗不安剤、情動を抑える精神安定剤などを使った薬物療法が行われることが非常に多くなります。しかし、これらの薬物療法の場合、当然、副作用が伴います。

ヌーススピリッツはこうしたうつ病に対しても驚くべき改善効果を発揮します。ヌーススピリッツはうつ病に見られる気分の落ち込み、無気力、不安感、情緒不安定、さらに不眠や食欲異常といった症状に対して、非常に優れた改善効果があります。もちろん、ヌーススピリッツの場合には、医薬品に必ず伴われるような副作用は全くありません。うつ病の患者さんに対しては、ヌーススピリッツを1日2~8カプセル飲用することを推奨します。ヌーススピリッツを飲用した場合、8割にも及ぶ高い割合で症状が改善されています。うつ病に悩んでいる方で、サプリメントでの改善を望まれる場合は、ヌーススピリッツの飲用をお勧めします。

購入はこちらから
特許取得のメンタルケアサプリ【ヌーススピリッツ】

スポンサーサイト
[ 2007/04/20 19:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。